無料で一番楽しめるテレクラではどんなことを話しているの?

■誰に似てるの?
テレクラでは、基本的には顔の見えないやりとりです。
電話だけのコミュニケーションのため、声だけで、とりあえず異性であることを確認します。
それから、「もしもし?」のあとにつづくのは、まず名前でしょう。
お互いに、顔も分からないのでは、なんと呼べばいいのかわかりません。
その次に話題に上るのは、「誰に似てるっていわれる?」ではないでしょうか。
この場合の誰、とはだいたい芸能人を指すことがほとんどです。
芸能人を知らない場合と、言われたことのない人にとっては、相当な関門ではないでしょうか。
それでも、お互いにやっぱり容姿は気になるものです。
自分ではようやく応えても、相手の「誰に似ているのか」はやっぱり気になります。
意外と真剣に聞いているのは、やはりリアルで会おうという魂胆があるからでしょう。
テレクラは、まず暇つぶしでもない限り、会うことが優先されています。
男性はとくに、そのためにお金を支払っているのです。
声がかわいいとか、若いな、とわかれば、あとは容姿なのです。
ちょっとくらい、盛っていうのは、お互い様です。
あくまでも「似ている」ですから、そっくりでなくてもいいのです。
顔である場合がほとんどですが、雰囲気でもいいと思います。
わかりやすく有名人に例えるだけと思えば、あまり罪悪感も感じないでしょう。
ぜひ、テレクラを利用される前には、誰か身近な人に自分は誰に似ているのか、を聞いてみてもいいでしょう。
最初のハードルが、簡単にクリアできるのではないでしょうか。
ちょっと戸惑ってしまうかもしれませんが、ここで時間を使ってしまってはもったいないのです。

■会う約束
次の話題といえば、会う約束ではないでしょうか。
「今どこにいる?」「会える」などなど。
すでに会うこと前提であれば、すぐに聞きたいところです。
暇つぶしの相手だったり、会う気が無い相手であれば、時間の無駄になってしまいます。
女性の方では、会う気があれば、自分の住んでいる地域に近いダイアルから電話をしています。
具体的にローカルな話が合えば、脈ありだと思いますよね。
そこで、最終確認を怠ってはいけません。
散々話したあとに、「楽しかった」で終わってしまう場合もあるのです。
会う約束を取り付けたあとの時間と、何も収穫がなかった時間とでは、大いに違います。
その辺、雑談が楽しく、自分も納得していればいいでしょう。
反対であれば、その雑談の時間で、他の女の子に会えたかもしれないのです。
じっくり仲良く、も良いのですが、家から出てきている間に会いたい!というのであれば、時間が無いですよね。
だいたいの個性を聞いたら、「会える?」と男性がせっついてくるのには、こういう意味があるのです。
まれに、女性の方が暇をしていたり、セフレを求めている場合があり、誘ってくる場合があるといいます。
ラッキーなのか、逆にどきどきしてしまう瞬間ですよね。
いつもは、女性をリードしている側の男性も、テレクラでは、まったく知らない者同士です。
このまま、リードされるのも良いかもしれません。
現実であれば、好きにならいような女性と、ひとときを過ごすこともできます。
このように、相手と繋がることが運任せであるからこそ、テレクラは面白いのです。
最初に、電話でのコミュニケーションがあるからこそ、セフレになることも抵抗が無いのかもしれません。
会う約束をするのは、ホテルに誘うためだからです。
「この人であれば、セックスしてもいいなー」というのが、声を通して、何となく伝わるものなのですね。
テレクラでセフレを探すことは、はずれを引く可能性が低いかもしれません。

■テレフォンセックス
テレクラといえば、テレフォンセックス……というくらいに、強い結びつきがあります。
今ではぐっと減ってしまいましたが、テレクラのリアル店舗では、ネットカフェのように、仕切られたブースが用意されているのです。
その中の備品といえば、電話とマンガ本と、箱ティッシュがあるほどなんです。
エッチな会話から、テレフォンセックスへ……。
相手が遠くて、直接会えないと分かった時や、すぐにヌいてしまいたいと気などは、よくおこなわれているようです。
女性でも、男性に抱かれている気分になりたいと思う人はいるようで、最初からそのつもりで電話をかけてくる人もいます。
相性があれば、雰囲気で楽しむことができますから、お手軽と言えるのではないでしょうか。
リアル店舗でなくとも、携帯電話を通して、テレクラを利用することがあります。
そのときには、時間も場所も選ばない訳ですから、夜中の静まり返った自宅で、テレフォンセックスをすることもかのうです。
あるいは、出張先で、お昼の営業先で……などなど。
システムの変化により、テレフォンセックスは、いつになっても無くなりそうもありません。
テレクラで話すこととは、主にこの3つではないでしょうか。
たまに、男性からの電話もあるとか……。
それは、女性の回線を利用して、今日の繋がる率の探りを入れているというものです。
あまり面白くありませんし、男性相手に時間を取られた気分になりますが、なかなか憎めないといいます。
ライブチャットのように、相手を選ぶことはできませんが、一期一会の思いがけない相手との出会いを楽しむことができるのも、テレクラならではといえるでしょう。
ライブチャットや出会い系サイトに飽きたら、次はテレクラに挑戦してみてください。